金利の問題を考える

キャッシングのデメリットとして良くあげられるのは、金利の問題です。しかし、これがデメリットなのかといえば、他の条件とよく比較して考えていく必要があるでしょう。キャッシングの場合、担保などの条件を付けずに借りることができます。個人の信用だけで借り入れができるのは、大きなメリットになるはずです。その分金利が高くなってしまうのは、貸す側からしてもリスクに対応できる部分がないというところが大きなポイントになります。お金を貸すリスクを、金利というかたちで補填しようというレベルになるでしょう。返済ができなくなったときには、それだけの損失を生み出してしまいます。貸金業者は、この金利だけで利益を生んでいるため、どうしても高くなってしまうといえるでしょう。

返済借りるために担保や保証人が必要なのと、金利が高く設定されることを比較していかなければいけません。問題となるのは、金利が高い分だけ返済額が大きくなることです。返済計画をしっかりと立てていけるのであれば、これも大きなデメリットではなく、メリットから発生する部分と考えられるでしょう。金利は借入期間と元本に依存します。つまり、早期に返済できるように計画できればデメリットにはならないということです。


即日も可能なスピード